相続人の皆様へ 顧問税理士がおられる方は、ぜひ、顧問税理士の方に、FCS広大地サポートをご紹介いただき、まずは、無料診断をご利用頂くよう、お話ししてみてください。
相続税の土地評価において、広大地を適用できるかどうかで、土地価格が約1/2?1/3になります。

それなのに、判断が難しい物件、税務署側と見解の相違が生じやすいグレーゾーンの物件が多数存在しており、税理士さんを悩ませることとなっています。

顧問税理士がおられる方は、ぜひ、顧問税理士の方に、FCS広大地サポートをご紹介いただき、まずは無料診断をご利用頂くようお話ししてみてください。
もちろん、相続人の皆様から、FCS広大地サポートにご連絡いただいても結構です。

→お気軽にご連絡ください。