広大地適用の要件 広大地を適用するには、4つの要件をすべて満たす必要があります。
要件04 「開発行為を行う場合、道路等の負担が必要である」

「開発行為を行う場合、道路等の負担が必要である」とは、対象不動産の戸建開発を想定する際、下図のように、開発道路が必要になる場合を言います。

開発想定図を描く場合には、役所調査(接面道路の状況、開発道路の幅員、1区画当たりの最低敷地面積又は平均敷地面積など)とマーケット調査(周辺エリアにおける開発動向、分譲宅地の平均的な土地面積)を行った上で、実現可能で現実的な開発想定図を描くことに留意する必要があります。

但し、下記のように、旗竿地を使用した開発(開発道路は不要)と、開発道路を使用した開発のどちらも考えうる物件については、判断が難しく、税務署側と見解の相違が生じやすいグレーゾーンとなっています。
開発道路が必要か?旗竿地を使用した開発が妥当か?については、周辺の開発動向を十分に調査すると同時に、広大地を適用する場合には、そのリスクについても十分な検証を行っておく必要があります。

お悩みの物件がございましたら、まずは、無料診断をご利用ください。

大きく4つの要件をご説明しましたが、では、これら全ての要件に適合し「広大地」と判定された場合、どれぐらいの割合の補正率が適用されるのか、広大地の補正率について詳しく解説したページをご用意致しました。
ご興味のある方は是非下のボタンをクリックしてご覧下さい。

広大地の補正率について詳しく

広大地のポイントは要件に適合するかどうかです。しかし、その判断は非常に難しいのが実際のところです。お悩みの物件がございましたら、まずは、無料診断をご利用ください。
広大地に強い不動産鑑定士がお手伝いさせていただきます。

無料診断を依頼する

○ 広大地とは

  広大地適用の要件①
○ 「大規模工場用地に該当しない」

  広大地適用の要件②
○ 「中高層の集合住宅等の敷地用地ではない」

  広大地適用の要件③
○ 「地域における標準的な宅地に比して著しく広大である」